工事の必要性

ビルのメンテンス

住宅とは、建築してからの期間が経てば経つほど、少しずつ劣化していくものです。劣化した住宅は自然災害などのダメージを受けやすくなるので、耐震工事などでしっかり対策しておく必要があるのです。

Read more

有害な建材

緑のヘルメット

アスベストは、かつては建材にも使用されていた優れた素材でしたが、近年その有害性から使用が禁止されています。アスベストが使われた建物は健康被害をもたらすため、除去を行う業者に任せましょう。

Read more

点検の制度

作業する二人

原状回復110番

原状復帰に関することを調べておくことができるので利用してみたいと思っているならこちらで相談してみよう。

防火対象物定期点検制度とは

防火対象物定期点検制度とは、多数の人が出入りする建物などの管理の権原を有する者が、建物を「防火対象物点検資格者」に点検させ、点検結果を消防署長に報告することを義務付けた制度です。 防火対象物点検資格者は、一般財団法人日本消防設備安全センターが実施する講習を修了した人がなることができます。このほかこれまでと同様、消防設備等の点検は定期的に行う必要があります。 防火対象物定期点検制度は、避難経路や応急措置など、防火管理に対する点検制度なので、資格者を有した防火管理の専門業者に依頼すると、各社が培ってきた専門的ノウハウで、点検・設備工事・保守管理まで一貫して任せることができ、安心かつ効率的というメリットがあります。

防火対策のための一貫したサービスを打ち出す各企業

この防火対象物点検制度は、平成15年に施行された「改正消防法」により定められました。防火対象物点検業務を行う業者の多くは、以前から消防設備点検等で豊富な経験を持つ企業です。各企業とも、法令書類作成から消防署への報告まで一貫したサポート体制を整えています。消防設備の保守点検なども同時に行うことで、立会の煩雑さを軽減できることを打ち出す業者もあります。ビルオーナー向けのプランやテナント向けのプランなどを揃え、ニーズに細かく応える工夫を行っています。「防火に関する知識が乏しく、何から始めていいのかわからない」といった声には、相談から防火プラン策定、日頃のメンテナンスの提案まで相談に乗ってくれる企業もあります。

写真ギャラリー

  • ビルのメンテンス
  • 緑のヘルメット
  • 大きな家
  • 工事現場